フェアトレード & オーガニック 【福猫屋】: 2018年06月
フェアトレード&オーガニックショップ 福猫屋
フェアトレード エコロジー生活雑貨 ナチュラルフード NGO支援商品
DATE:

フェアトレード &

オーガニック

福猫屋

カテゴリー
福猫屋トピック
  (バックナンバー)
福猫ECOコラム
  (バックナンバー)
福猫通信
  (バックナンバー)
福猫屋レシピ
  (バックナンバー)
« 2018年05月 |メイン

 2018年06月
【2018年06月10日】

オーガニックコットン靴下SALE中!

オーガニックコットン靴下SALE中です!
お得なこの機会に是非どうぞ!

http://www.fukuneko-ya.org/organic_cotton/socks.html

Posted by fukunekoya at 22:41

【2018年06月20日】

スリランカカレー「カレーの壺」SALE

大人気のフェアトレードスパイス「カレーの壺」SALEです!!

このカレーの壺はスリランカで作られています。生産者のマリオさんは、若いころ日本に来たときに見つけたカレールウからヒントを得て、スパイスを混ぜ合わせたペーストを作りました。スリランカの主婦は毎日多数のスパイスを挽いたり炒めたりしてカレーペーストを作っていたので、マリオさんのペーストは「手間が省けるわ」と爆発的に人気を得ました。スリランカの食文化を世界に向かって発信したいと思っていたマリオさんに、スリランカカレーの個性を生かしながら、日本人の舌に合うように作ってもらったカレーペースト、それがカレーの壺。

保存料、動物性原料、化学調味料不使用の、スリランカの農園で大切に育てられたスパイスのみを贅沢に使用した『カレーの壺』の自然の味を味わってみてください。蓋を開けるとスパイシーな香りが漂い、そこはすっかりスリランカの気分です!

マリオさんのスパイス工場はスリランカ中部の農村地帯にあり、約150人が働いています。男女差別をなくして、地域の人々や障害をもつ人々の雇用を進め、労働環境や福利厚生を充実させています。また、農村の青年のために持続可能な農業やPC技術習得の研修施設を作って、地域の活性化に情熱を注いでいます。使用するスパイスはできるだけ自社農園か、近隣の提携農家の物を使うなど、マリオさんはスリランカ農家を助けたいという強い想いで、スパイス工場を経営しています。スマトラ地震の際も救援に尽力されていました。

・スパイスの品質向上プロジェクト
・少年兵社会復帰プロジェクト

★カレーの壺

Posted by fukunekoya at 18:09

【2018年06月21日】

沖縄県産「命ぬ樹木」モリンガ

沖縄県産100% モリンガ
「命ぬ樹木」

モリンガは、生命力が強く、成長が非常に速い植物で、葉・枝・幹・根・種、更には花まで、すべてに利用価値のある、全く無駄のない植物です。
インドのアーユルヴェーダで約3000年の歴史があり、地球上の可食植物の葉の中では並外れた栄養素があり、人体に必要なほぼ全ての栄養素を持つ「奇跡の樹」と言われています。

そのため、2007年には国連世界食料計画に採用されたほどです。

沖縄県読谷村にある露地栽培の畑では、雑草を堆肥にして微生物を撒いての土づくり、もちろん化学肥料や農薬等一切使用していません。

モリンガ茶

モリンガパウダー

モリンガにはポリフェノールが赤ワインの8倍、GABA( ギャバ )が発芽玄米の 30 倍、ビタミンCがオレンジの7倍、ビタミンAがにんじんの4倍含まれています。
その他、必須脂肪酸である「オメガ3・6」を含み、水溶性食物繊維が豊富で、鉄分はほうれん草の1.6倍、カルシウムやビタミンB2も豊富です。

ベジタリアンの方に不足しがちな栄養素をふんだんに含んでいますので、特にお勧めです!


★モリンガのチカラ
http://www.fukuneko-ya.org/NF/moringa.html

Posted by fukunekoya at 11:22

【2018年06月25日】

奥出雲そば生蕎麦

ざる蕎麦が美味しい季節ですね。

蕎麦粉は北海道と西日本、小麦粉は北海道の物を使用しています。
自家製粉の挽き立てのそば粉を使用し、色黒で幅の広い平打ち麺に仕上げています。

酒精や酸味料、保存料など食品添加物不使用なので、袋を開封時、ゆでた時の臭さは全くありません。打ち粉もそば粉(更科粉)を使い、たっふりかけていますので、そば湯も美味しく飲んでいただけます。


蕎麦を作っている本田商店さんは、地域・物産である「そば」の製粉を商いとする「粉屋」「蕎麦屋」として大正2年に縁結びの神様で有名な出雲大社のある出雲地方の南部、奥出雲の木次町に於いて創業。
奥出雲ではその昔、山間地でタタラ製鉄、炭焼が盛んに行われその燃料となる雑木材を切った後に根株を山焼にし、蕎麦を栽培。いわゆる焼畑農法による蕎麦栽培されていました。

製鉄、炭焼の職工が手軽に安価で、栄養価の高い、食べる蕎麦、腹持ちの良い全層挽きそば粉を使用したことで出雲地方独特の黒い蕎麦が生まれたと考えられます。

その昔の蕎麦を実現するために3つのテーマ、コンセプト「本物の蕎麦」「美味しい蕎麦」「食べる蕎麦」で試行を重ね、完成したこだわりの逸品です。


☆奥出雲そば
http://www.fukuneko-ya.org/NF/izumosoba.html

Posted by fukunekoya at 11:31

検索
最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

アーカイブ
2018年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sut
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 ご購入方法  ショップ情報 プライバシーポリシー
 フェアトレード オーガニック食品 オーガニックコットン アロマテラピー 
Copyright(c) 2002-2009; Fc Company, All Rights reserved.