なぜ布ナプキン?

「布ナプキン」と聞いてもピンとこない方もいらっしゃると思いますが、これは「生理用ナプキン」のことです。ちょうどオムツに布と紙があるように、生理用ナプキンにも布と紙の両方があります。

布オムツが洗って何度も使えるように、布ナプキンも洗って何度も使えます。しかも女性の生理は人生の長い期間続くものなので、オムツと違って使用期間も長いという違いがあります。一人の女性が一生の間に使用するナプキンの数は一万数千個とも言われていますが、そのナプキンが女性の体を汚染しているとしたら、あなたはどうしますか?

現在市販されている生理用ナプキンは、薄く吸収力もあり、動きやすく作られていますが、その反面、石油系の原料やデオドラント剤、香料などが使われていて、素材には塩素漂白によるダイオキシンの残留が心配されます。

また、こういったナプキンが薄くて使いやすくなればなるほど、かぶれ・ムレ・かゆみ・冷え・生理痛などの症状を訴える女性が増えていると感じるのは気のせいでしょうか?

粘膜はダイオキシンなどの影響を強く受ける部分でもあります。近年増加している婦人科系の病気も、ナプキンと関係があるのではないかという声があります。

確かに使い捨てのナプキンによって女性が生理のわずらわしさから解放されるのは素晴らしいことです。でも、もしあなたが何かのトラブルや悩みを抱えているのなら、オーガニックコットンで作った布ナプキンを試されることをお薦めします。オーガニックコットンの布ナプキンは、ふわふわしていて暖かく、冬でも経血によって冷えを感じることがほとんどありません。また柔らかな感触は肌に気持ちよく、化学物質によるアレルギーの心配もありません。布ナプキンに替えた女性の多くは、かぶれ・ムレ・かゆみ・冷えなどの症状が軽減したり、生理痛が和らいだ、あるいは期間が短くなったことなどを挙げています。また、それまでただ面倒くさくて辛いだけの生理を、ポジティブに捉えるきっかけになったという声もあります。実際、毎月くる生理が楽しみになったり、改めて女性の体のリズムを実感し、体調変化のバロメーターに出来るようになったという意見もたくさん聞かれます。

使い捨てのナプキンと違って大量のゴミにもならず、とってもエコロジカルで(浸け置きの水まで植物の肥料として利用できます)しかも女性の体に優しい布ナプキンを、あなたのアイテムに加えてみてはいかがでしょう?きっと今までと違う何かが発見できるはずです!

フェアトレードとエコロジー商品の店「福猫屋」

TOP プレーン ライナー1 ライナー2 パッド 防水ホルダー スナップ 旧作 スクーン ウムーン 使い方 作り方 なぜ布ナプキン その他 Q&A

オーガニックコットン 福猫屋