オーガニック > オーガニックコットン > インフォメーション


福猫屋
カテゴリー
 インフォメーション
【2011年06月09日】

綿花産業と児童労働

6月12日は児童労働反対世界デーです。
ILOの綿花産業に対する報告がありますので、ご紹介させて頂きます。


綿花


綿花は発展途上国や新興工業諸国の経済において主要な役割を担っている。何百万もの小規模農家にとっての重要な所得源であり、貴重な外貨獲得源である。常に繊維産業の中心であり、世界の織物産品需要の約半分を占めている。世界中の多くの人々に繰り返し着られており、綿は敏感な肌を刺激することもなく、アレルギーを引き起こすこともないので多くの種類の衣服の原料として使われている。国際的に取引されているのは、綿布産品の三分の一である。

綿は幅広い気候条件と農業システムの下で育てられ、それは発展途上国の典型的な小規模農業から大規模で高度に機械化された生産にも及ぶ。主要生産国の上位5カ国は中国、インド、パキスタン、アメリカ合衆国、ウズベキスタンである。

綿は多年生植物であるにも関わらず、一年生植物として扱われ、新しい種をそれぞれの季節ごとに植える。綿の苗は小さな低木で成長すると1.5メートルほどの高さになる。綿花は三つの部分から構成され、綿ほこり、種子、綿毛からなる。綿ほこりは白い繊維で、紡績に使われる。綿ほこりの中に埋め込まれている種子は押しつぶされており、油分は調理油、マーガリン、せっけん、化粧品、医薬品、ゴム、プラスティックに使われ、綿の植物性の油粕はたんぱく質が豊富なため家畜の飼料として使われる。綿毛は種子にくっついている短い毛で包帯、綿棒、自動車用クッション材、レントゲン写真、飼料、エタノール、敷き藁に使用される。

綿耕作は種まき、灌漑、除草作業、殺虫剤の使用、病虫害の予防、綿花の摘み取り、綿繰り機(種子と綿花を分ける)工場への輸送を含む。特にハイブリッド品種の場合、人口受粉や摘み取りは手作業であるため、綿耕作はきわめて労働集約的である。成人労働者は主に畑を掘り起こし、種をまき、土を肥やす。子どもは種まき、条植え、摘み取りのために雇われ、たいていの場合、女子が人口受粉作業を行う。


2001年から2002年において、インドのマハブーナガル県とクルヌール県でハイブリッド綿花を生産している22の農場で486人の子どもを調査した結果、以下のことが明らかになった。

◆労働力の78%が少女である。

◆労働力の88%が6~14歳である。
◆働いている子どもの家族の87%は部族民や被抑圧民であった。(いわゆる「カースト外の人々」や「不可触民」)
◆28%は移民の子どもで10から30の集団で収容施設に住んでいる。彼らは決まった労働時間がなく、朝の5時から夜の6、7時まで畑で働くこともしばしばである。そして畑から戻った後も雇い主の家で働く。
◆子どもの約60%は数年間学校に通って綿花産業で働くために中退した。残りは就学していなかった。

--------------------------------------------------------------------------------

主な健康・安全上の問題

◆力の必要な反復作業や重く扱いにくい荷物をもち運びことによる筋骨格の損傷
◆殺虫剤の使用と汚染による中毒、長期健康障害
◆硬い繊維や葉を扱うことによる皮膚の炎症
◆無防備な機械類との接触やもつれ合いによるケガ、モーター付き車両との接触事故
◆皮膚がん、熱中症に至る可能性のある高レベルの太陽露出

--------------------------------------------------------------------------------

インドにおける綿生産の調査では以下のことが明らかになった。

◆綿生産者は通常子どもを長期契約条件に基づいて雇用し、あらかじめ両親に前払いや貸付を行っている。綿農家で働いている320人の子どもを調査した結果、95%が債務労働に服しており、ほとんど奴隷と変わらない状態で親の債務を返済している。
◆1999年から2000年にわたって雇用された子どもの70%は前年と同じ畑で働いている。そのほとんどは債務労働のせいで同じ雇用主の下で働きつづけている。
◆子どもは一日あたり約18ルピー(40米セント)支払われている。これは市場において成人女性よりも33%、成人男性よりも55%少ない。
◆移民の子どもはいくつかの地域で労働力の半分を占め、「labour organizer」と呼ばれる仲介業者によって募集される。子どもは収容所に泊まり、雇用主から食料をもらう。
◆労働時間に関して契約はあいまいなことが多く、地元の子どもは季節に応じて一日9時間から12時間働くのに対して、移民の子どもはそれより4時間多く働かされる。
◆60%の子どもは学校を中退していて、29%は就学していない。
◆商業綿花栽培はインドの殺虫剤総消費量の55%近くを占めており、子どもは長期にわたってエンドスルファン、モノクロトホス、シペルメトリン、メソミルのような有害毒物にふれることになる。

国際労働機関(ILO)報告より
http://www.ilo.org/public/japanese/region/asro/tokyo/ipec/index.htm

Posted by fukunekoya at 18:32

【2011年05月15日】

オーガニックコットンインナー期間限定セール!

5月16日から18日まで、期間限定で人気のオーガニックコットンインナー【pristine】のブラを全品10%オフで販売!

今だけの特別セールです。この機会に是非お求めください!

★pristine
http://www.fukuneko-ya.org/organic_cotton/irui1.html

Posted by fukunekoya at 23:57


| 6ページ目/全20ページ |
検索
最近のエントリー
アーカイブ
2017年08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログのフィードを取得


ご購入方法  ショップ情報 プライバシーポリシー
 フェアトレード オーガニック食品 オーガニックコットン アロマテラピー 布ナプキン 
Copyright(c) 2002-2013; Fc Company, All Rights reserved.