オーガニック > オーガニックコットン > インド バイヤー社とモンサント社による綿実産業の児童労働


福猫屋
カテゴリー

お客様感想

« タジキスタン 綿生産における児童労働 |メイン | インド バイヤー社とモンサント社による綿実産業の児童労働 »

インド バイヤー社とモンサント社による綿実産業の児童労働

インド バイヤー社とモンサント社による綿実産業の児童労働(ACEメールマガジンより)

デリー-(2007年6月8日) 多国籍企業バイヤー社とモンサント社による
インドの綿実生産における児童労働撤廃の取り組みに関する報告書
「変化の種(Seeds of Change)」(ダブルリ・ベンカテシュワルル氏著)
が発表された。この報告書は、「バイヤー社とモンサント社は、国内外の
圧力の下、インドの綿実生産におけるサプライチェーンでの児童労働問題
に取り組み始めた。しかし、両社は、生産拡大しようとしている他州に
おいては取り組む準備をいまだしていない。」としている。

両社には、サプライチェーンで児童労働をなくすためにまだ多くのことが
残されている。2005-06年と2006-07年を比べると、児童労働が減ったのは、
アンドラ・プラデシュ州のみで(バイヤー社では20%から11%、
モンサント社では10%から5%)、両社が綿実の増産を図っている他の3州
では、まだ取り組み始めていない。共同ベンチャー、サプライヤー、
下請け業者を通して、児童労働を使わないための方針を実施する努力も
全くしていない。

さらに、両社の教育への取り組みは実質的な効果をもたらしていない。
資金的に支援した「クリエイティブな学習センター」は、かつて綿実
農場で働いていた子どもたちに行き届いておらず、この教育プログラムが
成功していない理由は、地域住民を巻き込む努力をしていないからである。
これは、アンドラ・プラデシュ州で児童労働と教育に取り組み、評価を
得ているNGO、MV財団の手法とは対称的である。MV財団は、これまで6千の
村で40万人の子どもを労働から引き離し、正規の学校へ通わせている。

両社はまた、児童労働を使われなくてすむよう、農民に対し、綿実を
インセンティブとなるような価格で買い取っているが、その額は不十分で、
公正な買取り価格はいくらかについて農民と話し合っていない。これが、
安い児童労働を使い続ける主な要因となっている。

出所:オランダ・インド委員会ウェブサイト
http://www.indianet.nl/pdf/seedsofchangefinal.pdf
http://www.indianet.nl/pb070608.html



オーガニックコットン ブラジャー
オーガニックコットン ブラジャー レーシーブラ オーガニックコットン ブラジャー オールオーガニックブラ オーガニックコットン ブラジャー ハーフトップ オーガニックコットン ブラジャー ハーフトップ
オーガニックコットン ブラジャー
レーシーブラ
オーガニックコットン ブラジャー
オールオーガニックブラ
オーガニックコットン ブラジャー
ハーフトップ
オーガニックコットン ブラジャー
フロントボタンブラ
女性の気持ちに応えるデザイン オーガニックコットン100%のブラジャー ハードなしめつけがありません オーガニックコットン100%の普段着ブラ
オーガニックコットン ショーツ
レーシーローライズショーツ レーシーノーマルショーツ オールオーガニックショーツ スタンダードショーツ ローライズショーツ
レーシーローライズショーツ レーシーノーマルショーツ オールオーガニックショーツ スタンダードショーツ ローライズショーツ
優雅なデザインのショーツ 優雅なデザインのショーツ オーガニックコットン100% 履き心地にこだわったショーツ パンツスタイルの時もすっきり
インナーは全て安心の日本製です

オーガニック・コットンとは

オーガニックコットンとは、海外、国内の認定団体により、オーガニックの認証をされた綿の事です。
オーガニック・コットン(有機栽培綿)とは、3年間農薬や化学肥料を使わないで栽培された農地で、農薬や化学肥料を使わないで生産された綿花のことです。栽培に使われる農薬・肥料については厳格な基準が設けられており、認証機関が実地検査を行っています。

検索
最近のエントリー
アーカイブ
2011年06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログのフィードを取得


ご購入方法  ショップ情報 プライバシーポリシー
 フェアトレード オーガニック食品 オーガニックコットン アロマテラピー 布ナプキン 
Copyright(c) 2002-2011; Fc Company, All Rights reserved.