オーガニック > フェアトレード&オーガニック > 福猫ECOコラム


福猫屋
カテゴリー
福猫屋トピック
  (バックナンバー)
福猫ECOコラム
  (バックナンバー)
福猫通信
  (バックナンバー)
福猫屋レシピ
  (バックナンバー)

 福猫ECOコラム

【2007年05月01日】

オーガニック・コットンとは

オーガニックコットンとは、海外、国内の認定団体により、オーガニックの認証をされた綿の事です。下記は日本の代表的な認定団体です。以下はそのオーガニック基準の概要です。

●日本オーガニックコットン協会(JOCA)
オーガニック・コットン(有機栽培綿)とは、3年間農薬や化学肥料を使わないで栽培された農地で、農薬や化学肥料を使わないで生産された綿花のことです。栽培に使われる農薬・肥料については厳格な基準が設けられており、認証機関が実地検査を行っています。
オーガニック・コットンは、紡績、織布、ニット、染色加工、縫製などの製造工程を経て、最終製品となります。この製造全工程を通じて、化学薬品による環境負荷を最小限に減らして製造したものを、オーガニック・コットン製品といいます。

●日本オーガニックコットン流通機構(NOC)
オーガニックコットンは一般の綿畑で使っている化学肥料や、殺虫剤や除草剤などの農薬を使わず、有機肥料を用い、天敵の益虫を活用して害虫駆除を行うなど、手間ヒマをかけた昔ながらの栽培方法で育てたコットンです。
この栽培方法は、従来行われている農薬を多量に使い土壌の活力を失わせる方法とは異なり、自然環境に負荷を与えず、農場近隣の環境保全につながり、働く人たちの健康も損ねない理想的な栽培方法です。

オーガニックコットンは、世界的な認証機関によって、栽培、製造においてその適格性が証明される仕組みを持っています。これ程価値ある、オーガニックコットンですが、生産量は、世界で生産されるコットンのわずか0.5%という希少なものです。

日本オーガニックコットン流通機構は、有機栽培綿の価値が正しく評価され、環境保全やフェアトレードの方策が理解され、製品が広く普及するよう活動しています。


--------------------------------------------------------------------------------

・オーガニック(有機栽培)について
オーガニック(有機栽培)とは、農薬や化学肥料を使用せずに育てられ、第三者認定団体によって認証された栽培方法のことです。

認定を受けていない製品で、オーガニックコットンと表記されている物もありますが、認定を受けていない物はオーガニックと言うことは出来ません。

オーガニックコットンは栽培や加工工程において、基準を満たし、品質を維持するために、通常の綿製品に比べ、何倍もの手間隙をかけなくてはなりません。そのため、価格的に、どうしても高価な物になってしまいます。

自然綿とは

化学肥料や科学染料を用いずに栽培、製造された綿製品のことで、オーガニックコットンではありません。オーガニックの基準は満たせず、フェアトレードの概念は含まないまでも、自然に負荷をかけずに製造された物です。

市場でオーガニックコットンと呼ばれ、一般のオーガニックコットンの半値程度で販売されている物は、殆どがこの自然綿と思われます。オーガニック基準を満たし、生産者の人権を守りつつ、さらに一番大切な品質を守るためには、どうしてもコストがかかってしまうからです。

なお、自然綿は、有機栽培やオーガニックの表現は、用いることが出来ません

福猫屋では、JOCA、NOCの認定を受けたオーガニックコットンを取り扱っています。

オーガニックコットントップページ

Posted by fukunekoya at 21:36


| 5ページ目/全5ページ | 次のページ »


検索
最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

アーカイブ
2017年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sut
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 ご購入方法  ショップ情報 プライバシーポリシー
 フェアトレード オーガニック食品 オーガニックコットン オーガニックコスメ 
Copyright(c) 2002-2013; Fc Company, All Rights reserved.