オーガニック > フェアトレード&オーガニック > 入荷情報


福猫屋
カテゴリー
福猫屋トピック
  (バックナンバー)
福猫ECOコラム
  (バックナンバー)
福猫通信
  (バックナンバー)
福猫屋レシピ
  (バックナンバー)

 入荷情報

【2017年06月12日】

バングラデシュのフェアトレード製品入荷

バングラデシュのフェアトレード製品が入荷しました。

陶器の小物や、ジュート製品など色々あります!

ジュート(黄麻)とは、バングラデシュの特産品で黄麻(麻の一種)とも言います。雨季には背丈が3mにもなり、生産者の男性は水に浸かりながらジュートを刈り取ります。刈り取った茎は水の中に浸けておき、茎を腐らせて柔らかくします。それらをほぐして茎の繊維を取り出し、乾燥させた物がジュートです。

ジュートは燃やしても有毒ガスが出ず、土に埋めてもバクテリアによって完全に分解されるため環境に優しい天然繊維として注目されています。また、吸湿、放湿、通気性に優れています。

ジュートの刈り取りと天日干しの作業は、7月末から8月中旬にかけてバングラデシュ各地で見られます。ジュートは葉を食べることができます。繊維だけではなく芯も売ることができ、捨てる部分はありません。

◆生産団体:ジュート・ワークス(CORR-THE JUTE WORKS)
身近な素材であるジュートを使った手工芸品を生産し、農村の女性たちの収入向上を目的に、1973年に設立。現在、約4,000名の生産者がいます。賃金の10%は生産者グループで貯蓄し必要な時に融資が受けられる制度があります。

★フェアトレードバッグ
http://www.fukuneko-ya.org/FT/fashon.html

★フェアトレードインテリア・雑貨
http://www.fukuneko-ya.org/FT/zakka.html

Posted by fukunekoya at 08:41

【2017年06月09日】

チャンベルゴ・無濾過オーガニック オリーブオイル

新シーズン物のチャンベルゴオリーブオイルが入荷しました!

希少品種100%のジュースみたいなオリーブオイル!

濃厚な味わいなのに臭みが無く、ひたすら美味しいの一言です!美味しさはイチオシです!!野菜にかけると野菜の旨みが引き出され、そのまま美味しいサラダになります。このグレードでこの価格はお徳としか言いようがありません!オリーブオイルにはうるさいと言う方、是非お試し下さい!

チャンベルゴ社は、生のオリーブオイルを搾っただけの、エクストラバージンオリーブオイルにこだわりつづけるアンダルシアの老舗メーカー。 1800年半ばにオリーブの木を育て始め、1862年にエクストラバージンオリーブオイルを製造、販売を始めました。 また1980年代にはオーガニックでの栽培を始め、独自のオーガニックオリーブオイルを生産するオーガニック専門メーカーとして、食品の安全性を重視するユーザーに支持され、本国はもちろんヨーロッパ各地で販売されています。

オリーブオイル生産量はスペインが世界でNo.1。そのスペインでチャンベルゴ社のあるアンダルシアが一番の産地。長く暑く湿潤な夏と、おだやかな冬の地中海気候によって、素晴らしい芳醇なフレーバのオリーブが収穫できる土地として有名です。

チャンベルゴオリーブオイルを1リットル作る為に、およそ7キロものオリーブを使用しています。できあがったオイルは、グリーンアーモンド、ハーブ、トマトとリンゴをミックスしたような、素晴らしくフルーティーなテイストです。

・伝統的な製法

チャンベルゴのオリーブは、完全有機栽で作られています。まず果樹園作りから始まります。 自然の肥料以外、人工科学肥料は一切使用しません。雑草も、人の手で取り除いています。無農薬と認められている農薬も使用していない、完全な有機栽培です。

ほどよく熟したオリーブの実は、ひとつひとつ丁寧に手摘みされます。木を揺らして落とすことはなく、風で落ちた実も使用しません。よりすぐられたオリーブは、12時間以内に精油所へ送られます。オリーブの実は「コールドプレッシング」という伝統的な製法で絞られています。風味を損なう加熱処理はしません。

・オイルの華

一般的にオリーブオイルは圧縮のあと、遠心分離機にかけられるのですが、チャンベルゴオリーブオイルは、オイルの華と呼ばれている「デカテーション」という上澄み液だけを集める最も自然な方法で集められます。これはオイルのおいしい部分だけを集める方法です。いかに贅沢なオイルかお分かりいただけるでしょう。

・無濾過

一般的なオリーブオイルは輝きを出すために、ここで濾過をするのですが、チャンベルゴオリーブオイルは濾過をせずにそのままの状態でボトリングされます。沈殿物があるほうが、高品質、高級なオイルの証です。 ボトル詰めの後は、1本ずつの手書きのシリアルナンバーをつけるのが、さらなるこだわりです。

・酸度0.2%

エクストラバージンオイルとは、酸度1%以下であることが基準となっています。チャンベルゴオリーブオイルは酸度が約0.2%前後で搾りたての時はなんと0.17%(収穫年によっり異なる)と大変低いのが特徴です。この酸度が美味しさを決めるといわれ、低いほど高品質、高級とされています。

・不透明ビン使用

この素晴らしい仕上がりのオイルを、フレッシュなまま堪能して頂くためにチャンベルゴオリーブオイル不透明なビンにボトリングされています。オリーブオイルの風味が劣化する一番の原因は、日光による酸化です。チャンベルゴ社は。瓶に色を塗り酸化を防止。これはチャンベル社独自のもので、多くのヨーロッパユーザーに支持されています。

しかもこのボトルは、スペインでグッドデザイン賞を受賞しています。

★チャンベルゴ・オーガニック オリーブオイル
http://www.fukuneko-ya.org/NF/oliveoil.html#chambergo

Posted by fukunekoya at 18:16

【2017年06月07日】

鹿北製油 有機ごま油

鹿北製油のこだわりゴマ油


鹿北製油では、「石臼式玉締め法(玉搾り)」と「ベラー式圧搾法」という圧搾法にこだわった搾油を採用しています。

近年は大型機械でノルマルヘキサン(ベンジンの主成分)という有機溶媒を使い油分をとりだす抽出法で製油し、大量に安く販売するようになったため、昔ながらの玉締めによる製油は非常に少なくなりました。

鹿北製油では、明治5年製の 玉搾り機を今でも使い搾油しています。
低コスト・大量生産が可能な大手メーカーが採用している「溶剤抽出法」に比べると、高コスト・少量生産となりますが、薬品や重油を使わず薪で焙煎していますので、原料が持つ成分や自然の風味が生きた美味しい食用油を製造することができます。


有機ごま油は有機JAS認証を取得したごまを、薪を焚いて釜いりし、搾油したごま油です。
精製は手すき和紙でろ過するだけで、添加物や化学薬品等(苛性ソーダ・蓚酸など)は使用していない無精製の原油になります。

★鹿北製油 有機ごま油
http://www.fukuneko-ya.org/NF/food3.html#gomaabura

Posted by fukunekoya at 07:48


« 前のページ| 1ページ目/全160ページ |


検索
最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

アーカイブ
2017年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sut
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 ご購入方法  ショップ情報 プライバシーポリシー
 フェアトレード オーガニック食品 オーガニックコットン オーガニックコスメ 
Copyright(c) 2002-2013; Fc Company, All Rights reserved.