オーガニック > オーガニック食品 > オーガニック食品


福猫屋
カテゴリー
福猫屋トピック
  (バックナンバー)
福猫ECOコラム
  (バックナンバー)
福猫通信
  (バックナンバー)
福猫屋レシピ
  (バックナンバー)

 オーガニック食品

【2010年05月27日】

オーガニックオリーブ粒&ドライトマト

野菜料理の多彩なギリシャ料理や、イタリア料理などの地中海料理に基本食材として使われるオリーブ粒とドライトマト。

サラダやパスタ、アンティパストにはもちろん、和洋中、様々な料理にアレンジしてみるのも楽しいですよ。

キッチンに並んでいるだけでも幸せな気分にしてくれるシリーズです。

★マイルドな風味のグリーンオリーブ

手摘みでひとつひとつ丁寧に収穫したグリーンオリーブ。ほどよい硬さとフルーティな味わいは、そのままおつまみや前菜に。フレッシュな果実感と自然な甘みが広がります。

★柔かくてコクのあるブラックオリーブ

世界中で人気の高いカラマタ産のオーガニックブラックオリーブです。全て手摘みで収穫されており、柔らかい食感と、フルーティで濃い味わいが特徴です。

★柔かくてコクのあるブラックオリーブ

世界中で人気の高いカラマタ産のオーガニックブラックオリーブです。全て手摘みで収穫されており、柔らかい食感と、フルーティで濃い味わいが特徴です。

オリーブ・ドライトマト
http://www.fukuneko-ya.org/NF/olive.html

Posted by fukunekoya at 23:10

【2010年05月24日】

幻の山茶 出雲の新茶入荷しました!

五月は新茶の季節ですね。

摘みたての新茶を飲んだ時の新鮮な味わいは、年に一度の楽しみでもあります。
新茶や新米など、季節を味覚で感じるって素敵なことだと思いませんか?

紅茶でお馴染み出雲のお茶ですが、今年は緑茶の新茶も新しく入荷しています。
生命力あふれる出雲の在来種なので他ではなかなか手に入らないかも!?

この機会を逃すことなく、是非味わってみてくださいね。

福猫屋

                         http://www.fukuneko-ya.org

・・・・・・・・* 【福猫通信10-05-3】もくじ *・・・・・・・・・・

■【季節のおすすめ】幻の山茶 出雲国の在来茶(新茶)

■【新商品】色々使える新マスタード三種

■【福猫のつぶやき】ヘナで染めてみました


---------------------------------------------------------------------------
■【季節のおすすめ】幻の山茶 出雲国の在来茶(新茶)
--------------------------------------------------------------------------

【山出し煎茶】

現在、日本の市場に製品として出廻っているお茶の約90%はヤブキタという品種
です
が、ご紹介する出雲国のお茶は出雲地方の在来種。しかも農薬や化学肥料を使用
せず、生態バランスに則した栽培方法で栽培されています。

実生植え(苗植でなく実で植えたもの)され10年から100年もの風雪に耐え、干
ばつや病害虫にもビクともせず、いまだに大地にしっかり直根を張っている在来
の茶樹。しかし残念なことに、今となっては幻の存在になりつつあります。

在来種は他の品種と比べて、より野生に近く香気が強いのが特徴です。また挿し
木ではなく実生植えされているため、そこの風土にあったものだけが成長します。

生産者の西さんは、「在来種こそが本物の茶樹」という思いを強くしてお茶作りに励ん
でいらっしゃいます。

【特上玄米茶】

玄米茶は、お茶をいれた時の玄米の香ばしい香りがたまりませんね。
こちらの玄米茶は、お茶の半分を占める玄米にもこだわっているのが特徴です。

玄米は島根県簸川郡斐川富村の井上幸夫さんが作ったあいがも農法米のこしひか
りを原料としています。(市販の一般的な玄米茶は茶葉は二番茶もしくは四番茶
を使用し、玄米は外国産であったり国産であってもクズ米である事が多いと思われます)

こちらの原葉も雲地方の在来種が主原料で、一番摘みの茶葉のみを使用していま
す。

★出雲国の在来茶
http://www.fukuneko-ya.org/NF/oolong.html#izumoocha


---------------------------------------------------------
■【新商品】色々使える新マスタード三種
---------------------------------------------------------

ツヴァルゲンヴィーゼのマスタードは、昔ながらの石臼で丁寧に挽く製法で作ら
れました。また、マスタードの栄養を損なわないために、加熱していません。ソー
セージやサンドイッチはもちろん、温野菜等、様々な料理にお使いいただけます。
粗びき、ホット、スイートの三種類、お好きな味を用途に合わせて使えます。

【粗びきマスタードはツブツブがたっぷり!】

昔ながらの製法による、石臼で丁寧に挽いて作られた粗挽きのマスタードです。
程よい酸味と、マスタードのツブツブ感が楽しめます。ソーセージに添えたり、
炒め物のスパイス、温野菜等にご利用ください。


【ピリッとした辛さのホットマスタード】

昔ながらの製法による、石臼で丁寧に挽いて作られたクリーミーでなめらかなマ
スタードです。ピリッとした辛さとまろやかな酸味がほどよく調和しています。
サンドイッチやホットドックのスパイス、揚げ物に添えてどうぞ。和食にも合い
ます。


【やみつきになるスイートマスタード】

ドイツ南部で有名な甘いマスタードです。程よい酸味とマスタードの食感が楽し
め、鶏肉料理やソーセージによく合います。ドレッシングの材料やサンドイッチ、
炒め物にピッタリ。マスカルポーネチーズにかけても美味しい!ですよ。

★ ツヴァルゲンヴィーゼ マスタード
http://www.fukuneko-ya.org/NF/food1-2.html#musterd2


-----------------------------------------------------
■【福猫のつぶやき】ヘナで染めてみました
-----------------------------------------------------

長年ヘナを扱っていながら使う機会のなかったヘナですが、昨日の日曜日、よう
やく使ってみました。

実は私、髪を染めるのは初めて。
え、今どき?と驚かれるかも知れませんが、アレルギー&敏感肌のため、
染めるならヘナで!と以前から決めていたのです。

が、白髪がそれほど目立たないうちはその気にもならず(トリートメントとして
利用すると良いのは知っていたのですが)

しかし最近ちょっと白髪が気になるお年頃?のせいもあり、雨の日曜日、出かけ
る用事もないし…ということでヘナ染めに挑戦です。

使ったのはヘナ100%の「ヘナ」。
容器と刷毛(なかったのでハブラシを代用)を用意し、マヨネーズくらいの濃度
にお湯で溶いたヘナを髪に塗ってゆくというシンプルな行為の連続。

私は髪が長いので洋服や周囲の物にくっつかないよう気をつけながら、何とか全
体に塗りたくり、最後は髪全体を良く揉んでヘナが染み渡るようにし、ラップを
頭全体に巻きつけました。

そして約一時間放置後シャワーでよく流し、シャンプーして終了です。

結果ですが、思ったよりよく染まりました。そして乾いた後ツヤツヤになってびっ
くり!本当にトリートメント効果があるんですね。
ちょっと手間はかかりますが、仕上がりが思ったより感じ良く、白髪も目立たな
くなったので、これからは月に一度くらいはやろうかな、と思ったのでした。

白髪がなくても、髪の痛みが気になる時にも良いと実感!
未体験の方には是非おすすめですよ。

今回私が使ったのはオレンジっぽく染まる「ヘナ」ですが、茶色に染まる「アム
ラ&ヘナ」もあります。


★ヘナ
http://www.fukuneko-ya.org/EC/haircare.html#hena

Posted by fukunekoya at 12:59


| 32ページ目/全41ページ |
検索
最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

アーカイブ
2018年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sut
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 ご購入方法  ショップ情報 プライバシーポリシー
 フェアトレード オーガニック食品 オーガニックコットン オーガニックコスメ 
Copyright(c) 2002-2013; Fc Company, All Rights reserved.