オーガニック食品


クラシック ショコラ

 小麦粉を一切使わず、厳選されたスイスのオーガニックチョコレートをふんだんに使用し、独自の製法で国産大豆(木頭村)のおからとPHF(ポストハーベストフリー)卵、圧搾法一番しぼりの菜種サラダ油などを、時間をかけて練り合わせ、じっくり焼き上げたチョコレートケーキです。生地が小麦粉と異なりしっとりとしており、おからとは思えない味わいある素材感と、チョコレートとの相性も良く、どっしりと、しかもふわふわの本格ショコラに仕上がっています。

 高繊維質食品「おから」とチョコレートの「ポリフェノール」がたっぷりの美味しくてヘルシーなケーキです。良質のチョコレートと国産大豆のハーモニーを、どうぞお楽しみください。ちょっとおしゃれな六角形の化粧箱入りです。

原料:オーガニック・チョコレート(スイス製)、PHF卵(徳島産)、国産大豆(非遺伝子組み換え)、粗糖(国産)、オーガニック・ココア(ブラジル産)、菜種油(圧搾法一番しぼり)
内容量:260g

クラシック ショコラ
品番:B-239
\1543(税込\1666 個数

◇休耕田を活用するため、大豆を作付け
 その昔、大豆は国産がほぼ100%でしたが、1960年初頭、大豆の輸入自由化が始まると同時に、価格の安い大豆が大量に輸入され、国産大豆は10%を下回るほどになりました。日本の食文化には欠かすことのできない大豆は、田んぼや畑のあぜに植えられ、農家は各家庭で味噌や醤油を作っていたほどです。大豆は窒素を土中に固定する菌を持つため、やせた土地でも良く育ち、植えることで田畑が肥沃な土地となることから、日本の農地には欠かせない作物の一つでした。しかし、そんな大豆も、今や輸入が当たり前となり、ポストハーベスト(収穫後の農薬散布)や遺伝子組み換えといった安全面でも問題の多い作物となってしまいました。そんな中、きとうむらは、安全で美味しい昔ながらの大豆を自ら作るために、木頭地域の休耕田を農家から借り受け、無農薬で大豆を生産しています。農地の活用と同時に、日本の大切な農作物を受け継ぐためにも、大豆を利用した身近な商品づくりを続けています。

Copyright(c) 2002-2016; Fc Company, All Rights reserved.

フェアトレード オーガニックコーヒー「福猫屋」