フェアトレード&オーガニックショップ 福猫屋
フェアトレード エコロジー生活雑貨 ナチュラルフード NGO支援商品
DATE:

★Fc Company
アカ族

 紀元前3世紀頃、中国の四川省、湖南省、貴州省などを起源とし、漢民族の圧迫などにより移動を開始し、雲南省やヴェトナム、ラオス、ミャンマーなどを経て1920年代頃から一部がタイ北部に住み着きました。中国文化の影響を受け、道教、漢字が普及しています。
 ミェン(ヤオ)族の民族衣装は、赤いモールの襟のついた厚手の濃紺の上着に、細かなクロス・ステッチの刺繍の入った大きなズボン、頭には細かな刺繍入りの布をターバンの様に巻き付けているのが特徴です。ミェン(ヤオ)族の男たちはその刺繍の技術や出来栄えの良さで結婚相手を考えるため、このため、少女たちは小さい頃からこの刺繍の伝承に励むのです。

フェアトレード

 ●団体別紹介

エコロジーグッズ
自然な食品
NGO支援商品

夢の家生徒寮
山岳少数民族の子どもたちに対する奨学金を募集しています。詳しくは『夢の家』をクリックしてください。

タイ山岳少数民族の現状について

少数民族は居住地、国籍、さらに麻薬、売春、などの多くの問題を抱えてきました。この数年における少数民族社会の変化はより厳しく、自給的な農業が出来なくなり、貧困、教育の問題は依然として存在し、また新しく移住してきた人々も加わり、村々で新たな問題が起きています。それらには、1)エイズ、2)麻薬、3)環境問題、4)価値観の変化などがあげられます。詳しくはこちらから

コラム
フェアトレードについて考える


お友だちに紹介

※商品のご感想をお寄せください!ご感想はお客様の声に掲載させていただきます。お待ちしております。
ご意見・ご要望

ミェン(ヤオ)族草木染め刺繍バッグ

 ミェン族の伝統刺繍の技は素晴らしく、特に民族衣装に施された刺繍は美しくて見入ってしまうほどです。その刺繍を草木染めの糸によって商品化することが出来ました。この刺繍にも民族による魔よけなどの意味がこめられていますが、それぞれのパターンにはそれぞれ違う意味があり、まるで刺繍で物語が作られているようです。
 現在この刺繍をしているグループは少数ですが、女性たちは伝統技術を守るために子どもたちへ継承しようと頑張っています。

 ミェン族の草木染め刺繍は殆ど市場には出ていません。魔よけの刺繍は、あなたを災いから守ってくれそう!
 内ポケットが一つとサイドに二つのポケットが付いています。携帯を入れるのにも便利です。

福猫屋オリジナル商品

写真をクリックすると拡大します
品番: F-105
\1900(税込\1995 個数

ミェン(ヤオ)族草木染め刺繍ペンケース

 ミェン族の草木染め刺繍の入ったペンケースです。

 ちょっとエキゾチックな刺繍のデザインが目をひきますね。小さめですが、シャープペンやボールペンが数本と消しゴムもしっかり納まります。軽くてかさばらず、小さなバッグにも入って便利です。試験の時に持っていたら刺繍のパワーがもらえるかも?

写真をクリックすると拡大します
品番: F-103
\980→\784(税込\823 個数
 1 2 3

カレン族  アカ族

Copyright(c) 2002-2014; Fc Company, All Rights reserved.