福猫屋

オーガニック > フェアトレード&オーガニック > おいしいコーヒーの真実


福猫屋
フェアトレードオーガニック コットンオーガニック 食品オーガニック コーヒーの情報サイト!
カテゴリー

福猫屋オススメ!
奥出雲そば
国産素材のこだわり生蕎麦
奥出雲そば

出雲国産紅茶
幻の国産紅茶
出雲国産紅茶

« オーガニックコットン生地スムースとネル・ブラウン |メイン | パレスチナオリーブオイル »

おいしいコーヒーの真実

コーヒーは世界で最も日常的な飲物。全世界での1日あたりの消費量は約20億杯にもなる。大手企業がコーヒー市場を支配し、石油に次ぐ取引規模を誇る国際商品にしている。私たちは「おいしいコーヒー」にお金を払い続けている。しかし、コーヒー農家に支払われる代価は低く、多くの農家が困窮し、農園を手放さなくてはならないという現実。
一体なぜ?

このパラドックスが最もよく現われているのが、コーヒーの原産国エチオピアだ。
その原因は、国際コーヒー協定の破綻による価格の大幅な落ち込み、貿易の不公正なシステム。
農民たちは教育を受けることも、食べることもままならず、貧困にあえいでいる。
エチオピアでは毎年700万人が緊急食糧援助を受けており、緊急支援に依存せざるを得ない状況にある。しかし、アフリカの輸出シェアが1パーセント増えれば年700億ドルを創出できる。この金額はアフリカ全体が現在受け取っている援助額の5倍に相当する。必要なのは援助ではなく、自立を支援するためのプログラムなのだ。

エチオピアの74000人以上のコーヒー農家を束ねるオロミア州コーヒー農協連合会の代表、タデッセ・メスケラは、農民たちが国際市場で高品質で取り引きされるコーヒー豆の収穫のために奮闘するかたわら、公正な取引(フェアトレード)を求めて世界中を飛び回る。

コーヒー産業の実態を暴きながら、貧困に苦しむコーヒー農家の人々を救おうとするタデッセの戦い。生産者、企業、消費者。コーヒーが飲まれるまでの道のりに、深いドラマがある。1杯のコーヒーを通して、地球の裏側の人々の生活と世界の現実を、あなたは深く知ることになるだろう。

2008年5月31日(土)渋谷アップリンクXにてロードショー
http://www.uplink.co.jp/oishiicoffee/




おすすめオーガニック食品


Facebookで入荷情報、更新情報をアップデートでチェックできます!
検索
最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

アーカイブ
2017年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sut
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 ご購入方法  ショップ情報 プライバシーポリシー
 フェアトレード オーガニック食品 オーガニックコットン オーガニックコスメ アロマテラピー 
Copyright(c) 2002- ; Fc Company, All Rights reserved.